• HOME
  • クラウド会計導入支援

クラウド会計導入サポート

弊所では、クラウド会計を利用して「自分で記帳したい」「自分で経営管理」をしたい方をサポートします。初めて方でも、丁寧にサポート致します。その際会計や税金のこともご質問頂けます。日頃疑問に思っていることを解消して頂けます。
(自分で記帳する時間がもったいないという方は記帳代行も承っておりますのでご相談ください)
対応しているソフトは、freee・MFクラウド会計・弥生会計・PCA会計です。お客様で特に指定がない場合はfreeeをお勧めしております。

クラウド会計のメリット

クラウド会計は、近年、会計業界に大きな影響を与えています。
従来用の会計ソフトとの違いは以下の通りです。

①インストールが不要である。
→どのパソコンからでも使うことができる(スマホからもOK!)
②難しい用語が少なく操作性に優れる
→少し会計の勉強をすれば帳簿作成が自分でできる
③銀行口座・クレジットカードと連携によりデータを取込める
→無駄な入力作業が減り、リアルタイムの数値ができる
④レポート機能が充実している
→事業の状況が把握できて数値に興味を持てる

このように多くのメリットがあるクラウド会計です。
しかしながら導入をしてから使いこなすに至るまでには訓練が必要です。
そこで弊所ではクラウド会計を使いこなせるようになるためのサポートを実施しています。サポート内容は次の通りです。(freeeの場合を例にしています。)

サービス内容(freee編)

サービス内容

お客様がクラウド会計(freee)を自力で使いこなすためのサポートを行います。

基本説明

①会計(freee)で何が便利なのか
②会計(freee)で何が自動化できるのか
③会計(freee)独特の用語「口座」「明細」「取引」「レポート」「決済」を解説

導入前準備

①事業口座の設定
②クレジットカード導入
③インターネットバンキング契約

導入後

①会計(freee)口座連携
②開始残高の設定
③勘定科目の設定
④タグ(補助科目)の設定

日常業務

①自動で経理の設定
②手動取引入力
③請求書の発行・送付
④ファイルボックス・連続取引での入力

月次業務

①現預金の残高確認(タイムラインを利用)
②支払・入金の消込処理(売掛金・買掛金レポートを活用)
③月次減価償却等の確認
④業績把握(試算表・月次推移を活用)
⑤資金繰りの確認(資金繰りレポートを活用)

年次業務

①貸倒引当金の計上
②現金過不足の確認
③減価償却費の調整
④売上原価の確定
⑤消耗品の棚卸
⑥費用・収益の見越し・繰延べ
⑦引出金の確認(個人事業主の場合)
⑧freeeを使った確定申告(e-TAX)

便利機能紹介

①自動登録ルールの活用
②仕訳インポート・エクスポート機能

料金・お支払い

料金


スポット3時間 32,400円
継続的なサポートをご希望の方はこちら

お支払方法


・銀行振込
・クレジットカード決済(VISA・Master・AMEX・DINERS・JCB)
・当日のキャンセルについては返金致しかねます。


様のお問い合わせを心よりお待ちしております。